2017年11月10日

スーパー歌舞伎U『ワンピース』麦わらの一味ほか

 今回初参戦の新悟ちゃん、何か彼、最近どんどんきれいになってる気がするんだけど。ナミとサンダーソニアとサディちゃんの三役、役がかわると仕種だけでなく顔つきまで変わるのね〜。さすがワンピ世代、初参戦とは思えないくらい堂々たるものでした。新悟ちゃんのすっごいスレンダー美女なサディちゃん見てたら、右近くんのムッチムチなサディちゃんも見たくなったよ〜。

 怪我で休演の猿之助さんに代わってルフィとハンコックをつとめる尾上右近さん。彼のルフィは日に日に輝きを増しているようで、この公演をつとめ終えた時の右近ルフィを観たい〜ってすごく思いました。行けないけどね、千穐楽。ルフィとハンコックの早替わり・・・ローブを羽織っていてもわかる太ももの逞しさで、「あ、このハンコック、右近くんだ」ってわかる(笑) 星が浜・・・傷ついたルフィを見守り「その痛み私がかわって・・・」と言葉につまる。ルフィの苦しみはルフィ自身が乗り越えるしかないことをわかっているハンコックの煩悶。そのいじらしさ、健気さ、そっと手を合わすハンコックの美しい姿に胸がつまります。女たちが捧げ持つ灯が美しい天上的な場面。

右近ハンコック.jpg


 今回、フランキーを演じる石橋直也さん。昨年の「ワンピース」博多座公演で、その姿も、声も、顔も見事なことにすっかり参ってしまいファンになりました。彼のチョッパー(大)が好きだったので、あの役がなくなったのは残念だけど、フランキーを演ってもやっぱり見事です。ツイッターで「稽古時に猿之助さんからフランキーの足が艶めかしいって言われた」なんてつぶやかれてて、つい意識しちゃったじゃないか「艶めかしい足」とやらを。二幕のダズ・ボーネスも大好き! 何か前回よりダズの役、大きくなってるような。アバロ・ピサロの寿猿さんからむとこは、たまにおじいちゃんとやんちゃな孫みたいなやりとりになってたけど、それもまたマル。ご病気からの復活、本当によかった!

 トニートニーチョッパー(小)、市川右近くんと市川猿くん。博多座では猿くんが放つ「健気の塊」の剛速球にたまらず涙腺崩壊っ! だったんだけど、右近ちゃんも・・・もう・・・けなげ〜〜〜〜。あ、あれはいかん、いたいけすぎて心臓に悪い。やわらかそう〜なぷにゅぷにゅほっぺにお父様ゆずりの意志の強そうな眉毛。キュンとするわ〜。「ルフィのおかげなんだよ・・・」の台詞をきくと、あの冬島のエピソードがフラッシュバックしてさらに涙腺崩壊。猿くん、ちょっと頑張って声張りすぎて逆に情感が薄くなってる気がしたけど、すっぽんから上がってくる彼、涙をいっぱいにためてたように見えたんですが・・・(またも、涙腺崩壊)。

 ゾロ・巳之助くんとサンジ・隼人くん・・・何かもう安定感すら漂う。ゾロ、ブーツ変えたよね。かっこいいよ。

 嘉島さん・・・私、ニューカマーランドでは麗しのズマさまを堪能するつもりで毎回臨んだんですけど、いつもいつもいつも異様に目につくニューカマーがいてズマさまどころじゃなくなってたのよ。嘉島さん、あなただったんですね! どうしてくれるんですかっ! それでなくても、スーちゃん・弘太郎さんの弾けるダンス、くるくると変わる巳之助ボンちゃんの表情、これは外せない猿四郎・市瀬コンビに加えてやけに色っぽい穴井さん、無表情のまま軽やかに踊るダズさん・・・いっぱい見なきゃいけないとこあるのにぃ! ズマさまちっとも見られないじゃない!

・・・つづく
posted by sweet_pea at 23:14| Comment(0) | ワンピース歌舞伎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。