2017年12月12日

シネマ歌舞伎『め組の喧嘩』

 メジャーな演目だけど一度も見たことなかったの。で、恥ずかしながら「火消しと力士が喧嘩するって、それだけの話?」とか思ってたの。それ、面白いのかな?って。でも、予告映像の勘三郎さんと勘九郎さんがあんまり素敵だもんで観てきました。

 勘三郎さん、錦之介さん、男女蔵さん、勘九郎さん、橋之助(現・芝翫)さん、亀蔵さん、梅玉さん・・・・どれだけカッコよく生きるかに命をかけた江戸の男たちを、どれだけカッコよく魅せるかっていう役者たちのアツい競演。なんだか色んなモンが滴るイイ男たちが舞台の上や花道をアツくアツく駆け回って、その高揚感たるやハンパない。

 辰五郎が命がけの喧嘩を前に可愛い女房子供に別れを告げるとこなんて「江戸っ子のやせ我慢」の最たるもんじゃないかっていうくらい愛しい。辰五郎の中で高まっていくいろんな感情に巻き込まれるように見入ってしまって、気がつくと色んなものが涙になって溢れてた。トシとるとホント涙腺がやばくてねぇ。ここは扇雀さんの女房お仲もいい! すごくいい! この旦那にしてこの女房っ!っていう。

 そしてやっぱり、勘九郎さんはキリっと美しいんだよぉ〜ぅ。荒っぽい江戸の火消しに「端正」って言葉使うのはおかしいかもしれないけど、何をしているときでもその姿に一点もくずれたところがなくって、「端正」って言葉を擬人化したらきっと舞台の上の勘九郎さんになるんじゃないかって思う。

 舞台後方が開いて威勢のいい御神輿が登場し、色んな想いの滲む表情で舞台上の皆が顔を見合すカーテンコールの映像に、こみ上げるものがあったのは皆同じだったようで、客席のあちこちからすすり泣きの声が聞こえた。


め組辰五郎:中村 勘三郎
辰五郎女房お仲:中村 扇雀
四ツ車大八:中村 橋之助
露月町亀右衛門:中村 錦之助
柴井町藤松:中村 勘九郎
おもちゃの文次:中村 萬太郎
島崎抱おさき:坂東 新悟
ととまじりの栄次:中村 虎之介
喜三郎女房おいの:中村 歌女之丞
宇田川町長次郎:市川 男女蔵
九竜山浪右衛門:片岡 亀蔵
尾花屋女房おくら:市村 萬次郎
江戸座喜太郎:坂東 彦三郎
焚出し喜三郎:中村 梅玉
ラベル:歌舞伎
posted by sweet_pea at 23:01| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。